郵送検査 誰にも知られず簡単健康チェック

郵送検査という、誰にも知られずに簡単に自分の体の気になる部分の検査をする方法があります。STD(性感染症)検査など、なかなか病院に行きにくいですよね。そんな検査も、採取した検体を郵送するだけで検査してもらえて結果がわかるのです。誰にも知られずに、病院に行かなくても検査できるのです。プライバシーも保たれます。心配なことがあったら、まずは郵送検査を受けてみるのもよいでしょう。結果が陰性であれば安心します。安心のために検査を受けてみるのもいいでしょう。もし万一陽性となったら、その時に専門の病院を受診すればよいわけです。もちろん専門の検査技師が正確な機器で検査していますので、検査結果は信頼できます。

コンテンツ

郵送検査の手順

プライバシーは安全

STD(性感染症)検査

子宮頸がんほか各種がん検査

生まれ持った病気のリスクや体質がわかる遺伝子検査

糖尿病やがんのリスクをネットで予測するサイト

まずは郵送検査で安心を

郵送検査の手順や、どのような郵送検査が利用できるのか紹介しましょう。

まずは郵送検査で体に関する悩みを解決してください。

郵送検査の手順

どの郵送検査もほぼ次の手順で実施されます。

1.検査の申し込み

いくつかある検査の中から検査の種類を選択してWeb上のフォームから申し込みます。

2.検査キットを発送(検査機関)

申込者からの支払いが確認されると、指定された検査に必要なキットを発送します。パッケージは内容がわからないように配慮されています。希望により受取は郵便局留めにすることもできます。

3.検体を採取(申込者)

取扱説明書に従って検体を採取します。検体の採取は簡単です。

4.検体を返送(申込者)

返信用封筒に採取した検体を入れて早めに送ります。

5.検査の実施(検査機関)

専門の検査技術者が、検査手順に従って検体の検査を実施します。

6.検査結果の報告(検査機関)

検査結果をEメール、郵送などで報告します。

7.検査結果の受領(申込者)

Eメール、郵送、Webなどで結果を確認します。郵送では内容がわからないように配慮がされています。また希望により郵便局留めにもできます。

プライバシーは安全

取り扱う個人情報は安全に保護されています。さらに次のような配慮がされています。

  • 送られる郵便物は、中身がわからない表記となっていますので、他人に知られることはありません。郵便局留もできますので、家族にも知られずに受けることができます。
  • 匿名検査も可能です。
  • web で検査結果を確認する場合は、確認画面はログイン・パスワードで保護されています。

郵送検査で受けられる検査

郵送検査で受けられる検査にはどのようなものがあるでしょう。紹介しておきましょう。

STD(性感染症)検査

STD(性感染症)は、セックスをはじめとする性行為などによって感染する病気のことです。特別な病気ではありません。自覚症状がない場合も多く、知らずにパートナーに移してしまうこともあります。正しく知って自分と大切な人を守りましょう。

「もしかしたら・・・」、「そういえばあの時・・・」と心当たりがあって心配だけれども、性病科を受診するのは恥ずかしいと思われる方も多いでしょう。また、受診しようと決心しても、なかなか時間がとれないという方もいるでしょう。このようなとき、誰にも知られずに手軽に受けられるのが輸送検査です。

結果が陰性であれば安心します。安心のために検査を受けてみるのもいいでしょう。もし万一陽性となったら、その時に専門の病院を受診すればよいわけです。もちろん専門の検査技師が正確な機器で検査していますので、検査結果は信頼できます。

ここで紹介するのが、16年の実績を持つ次のSTD専門の衛生検査所です。

高精度の検査方法による性感染症の検査を受けることができます。
郵便局留めを指定すれば、自宅ではなく指定の郵便局にて受け取り可能ですので、誰にも知られずに検査を受けることができます。匿名でのお申込みもOKです。プライバシーマークを取得しているので、個人情報の保護に対してしっかりと取り組んでいます。

もし検査キットの採取に失敗しても、最後までフォローしてもらえるということなので、安心して任せることができます。

郵送検査で検査できるのは、以下のSTDです。

エイズ(HIV)
B型肝炎
C型肝炎
梅毒
トリコモナス
カンジダ
クラミジア
淋菌
咽頭クラミジア
咽頭淋菌

自分がどの症状に相当するかわからないと思いますので、その時は「・・・女性セット」「・・・男性セット」というように、いくつものセットが用意されていますから、その中から自分に一番近いセットを選ぶとよいでしょう。

近年性行動の多様化に伴い、咽頭への感染が増加していますので、咽頭の検査を含めたセットがおすすめということです。
HIVの単項目検査に限りますが、【ピンニックスライト】という痛みの少ない(痛みの感じ方には個人差があります)ランセット(針)を使った検査キットがありますので、血液の採取に対して抵抗のある方はご利用ください。

子宮頸がんほか各種がん検査

子宮頸がんの原因ウイルスであるHPVの感染有無を検査することで、子宮頸がんリスクを早期に発見できます。

HPV(ヒトパピローマウイルス Human papillomavirus)は、性交渉経験のある女性であれば、誰にでも感染する可能性があります。通常は人間の免疫機能によってウィルスは消失します。しかし、このHPVに持続的に感染すると、やがて子宮頸がんへと発展する可能性があります。性交渉の低年齢化により、20~30歳代の若年層で、罹患率、死亡率ともに増加傾向にあります。

初期の子宮頸がんは、自覚症状に乏しいため、発見が遅れがちです。そこで、HPVの感染を調べ、子宮頸がんの発症を予防するために、まずは手軽に検査を受けて、将来子宮頸がんに罹るリスクを調べるために郵送検査は最適と思います。

子宮頸がんをはじめ、大腸がん、胃がんなど各種がんの郵送検査を行っているのが次の機関です。STD検査も取り扱っています。また、心筋梗塞のリスクチェックなど様々な予防医学検査も実施しています。


郵送は郵便局留めにすることもできます。匿名検査も可能です。

GMEではすべての検査に「スタンダード」「ローコスト」の2種類のタイプを設けています。「ローコスト」はできる限り安く検査を利用したいという方向けに、簡易な包装材の使用や、一部オプションサービスを省くことでローコストを実現しています。

GMEの検査のほとんどを外注に委託することなく、自社のラボで検査ををしています。365日稼働ですので、検査結果を最短で出すことができます。臨床検査技師が常駐しているため、依頼者からの質問に、オペレーターではなく、専門知識をもった検査技師が直接対応いしています。

生まれ持った病気のリスクや体質がわかる遺伝子検査

遺伝子を調べることで、かかりやすい病気や肥満タイプ、肌タイプなど体質や身体的特徴がわかり、自分にあった病気の予防、ダイエットやスキンケアが可能になります。

近年の研究成果によって、さまざまな病気のかかりやすさも親から子へ遺伝する部分があることがわかってきました。その他にも何を食べると太りやすいかといった「肥満タイプ」、寿命の傾向などの体質や身体的特徴から、性格的な特徴まで遺伝子が影響しています。

ヒトの遺伝子のすべての配列のうち、個人差があるのはわずか0.1%といわれています。この0.1%の違いでお酒に弱い・強い、糖尿病や心筋梗塞などの病気にかかりやすい・かかりにくいといったことまで左右されているのです。

遺伝的リスクを知り、生活習慣を見直すことで、早い段階から的確な予防を行うことができます。

また、この自分の体質や特徴を調べることで同じ変異を持つグループを見つけ、その歴史を調べることで祖先を知ることが出来るのです。

遺伝子の情報は生涯変わらないので、採取時の年齢や体調、妊娠などによって結果が変わることはありません。一生変わらないので、1回だけ検査を受ければ、その結果は生涯使えます。

ここで紹介するのは、2004年3月設立から遺伝子解析技術を活用して、1人でも多くの方の健康や予防に役立てる遺伝子検査キットを販売し続けています。



この遺伝子検査キットは様々なメディアに取り上げられ、最近では、フジテレビの「ノンストップ」や日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」などで採用されています。直近では、2019年4月8日に、テレビ東京「名医のTHE太鼓判」で紹介されています。

遺伝子検査キットには次のようなものがあります。

  • 肥満タイプや疾患のリスクなど約360項目を解析できる遺伝子検査キット
  • 遺伝的な体質の傾向を知り、自分にあったダイエットを知る
  • 世界最大級394項目を解析できる会員制の遺伝子検査サービス
  • 新たな自分を発見できる自己分析遺伝子検査キット
  • ミトコンドリアDNAを解析してあなたのルーツをたどる
  • 肌老化に関連する遺伝子を解析し、肌タイプを判定する
  • 脂質異常症や高血圧症の発症リスクを解析(メタボ予防に)
  • 速筋や遅筋の発達のしやすさについて遺伝的な傾向を判定する
  • 皮膚常在菌のバランスを手軽に調べられる検査キット

なお、4月25日は、1953年にDNAの構造が論文として出版され、2003年にヒトゲノム計画の完了が宣言されたことを記念して、世界的に「DNAの日」とされています。

糖尿病やがんのリスクをネットで予測するサイト

こちらは郵送検査ではありません。ネットで糖尿病やがんのリスクを予測できるサイトがありますので紹介します。

国立国際医療研究センターが昨年12月に公開した、インターネット上で使える 「糖尿病リスク予測ツール」です。

糖尿病リスク予測ツール

体に関する個人の基本情報と、検診の血液に関するデータを入力するだけで糖尿病やがんのリスクを調べることができます。

数万人の健康診断データをもとに、人工知能分野の特徴や法則を見つける機械学習の手法で開発しています。入力データから、同じような条件の人が3年以内に糖尿病を発症するリスクを返してくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする