自分でできる子宮頸がんリスク検査

子宮頸がんの原因ウイルスであるHPVの感染有無を病院に行かなくても自分で検査することができます。HPVは、性交渉経験のある女性であれば、誰にでも感染する可能性があります。通常は人間の免疫機能によってウィルスは消失します。しかし、このHPVに持続的に感染すると、やがて子宮頸がんへと発展する可能性があります。性交渉の低年齢化により、20~30歳代の若年層で、罹患率、死亡率ともに増加傾向にあります。
初期の子宮頸がんは、自覚症状に乏しいため、発見が遅れがちです。そこで、HPVの感染を調べ、子宮頸がんの発症を予防するために、まずは手軽に検査を受けて、将来子宮頸がんに罹るリスクを調べませんか。

郵送検査でできる子宮頸がん発症リスク

郵送検査は、郵便で送られてきた検査キットで検体を採取して送り返すことによって、誰でも簡単にできる検査です。子宮頸がんの発症リスクも、この郵送検査で簡単にわかります。

子宮頸がんについて

以下、下記「子宮頸がんとHPVについて」より引用しています。

子宮の入り口の子宮頸部とよばれる部分に発生するがんを子宮頸がんといいます。子宮頸がんは、性交渉のある女性ならば一度は感染するといわれているヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus: HPV)という、ウイルスの感染で引き起こされます。

ただし感染しているからと言って、必ずしも子宮頸がんになるわけではありません。
体には自然な免疫機能というものが備わっていますから、1度感染してもほとんどの場合、ウイルスは勝手に消えていきます。しかし、HPVに感染してから数年から10数年消失せず、持続感染してしまうと、やがて前がん病変(異形成)細胞となり、がん細胞へと進んでいきます。
100種類もあるHPVの中でも、ハイリスク型といわれるHPVが10種類あり、特に16型と18型のHPVが子宮の粘膜に持続感染することによって、子宮頸がんが発症するといわれています。

詳しくはこちらのサイトの「子宮頸がんとHPVについて」をご覧ください。

【Papi’Qss:パピックス】

国立がん研究センターによりますと、子宮がん全体として年間約25,200例で、このうち子宮頸がんが約10,900例あります。子宮がんの死亡数は、全体として年間約6,400人で、このうち子宮頸がんが約2,900人となっています(人口動態統計2014年)子宮頸がん|国立がん研究センター がん情報サービスより

子宮頸がんの郵送検査

子宮頸がんの原因となるHPVの感染検査をWebで申込み、届いた検査キットで検体を採取して郵送することにより、自宅で簡単に受けることができます。

郵送検査“Papi’Qss:パピックス”

従来の検査は、HPVに感染しているかいないかだけを調べる検査でした。しかし、ここで紹介するHPV検査は、HPV16型および18型を個別に検出することで、より正確に子宮頸がんのリスクを知ることができます。

国内では21か所しかないCAP(米国病理学会:College of American. Pathologists)が認定する品質マネジメントが高度に管理された検査機関で、FDA(米国食品医療品局:Food and Drug Administration)が承認済みの機器を用いて検査を実施します。

申込みから検査結果報告までの流れ

STEP1

右のWebで申込みする  【Papi’Qss:パピックス】
検査完了通知などメールで届くのでメールアドレスの間違いがないようにします

STEP2

検査キットが届く
入金確認後2週間以内に、PAPI’Qssのロゴ入り封筒で届きます

STEP3

説明書に従って検体の細胞を採取する

STEP4

検体を封筒に入れて郵送する

STEP5

メールで検査完了の報告が送られる
申込み時に設定したパスワードでWebページの検査結果を確認する

の5ステップで完了します。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする