えごま油がダイエットに効果的

2018年11月21日のNHK「ガッテン」で、えごま油が中性脂肪の抑制と、動脈硬化などの心臓疾患予防に効果的なことが紹介されていました。スプーン1杯でカラダが激変!?食べるアブラの新常識 毎日スプーン1杯のえごま油で、中性脂肪太りの人の体重が減少したという実験も紹介されていました。えごま油に含まれるオメガ3脂肪酸が、中性脂肪の減少に貢献しているということです。

えごま油でメタボを撲滅

えごま油やアマニ油、魚の油に含まれるオメガ3脂肪酸が中性脂肪を燃焼させて抑制する効果があるということです。

ヒントはカナダのイヌイットのアザラシ油

ヒントとなったのは、カナダのイヌイットが大量のアザラシ油を摂取しているにもかかわらず、動脈硬化などの心臓疾患もなく極めて健康的ということでした。

しかし、日本ではアザラシ油が手に入りません。そこで、アザラシ油に含まれるオメガ3脂肪酸の含まれるえごま油で実践しています。

現代の日本ではオメガ3脂肪酸が足りない

番組では、大豆油やコーン油に含まれるオメガ6脂肪酸と、オメガ3脂肪酸のバランスが大切なことを強調しています。オメガ6とオメガ3の比率が2:1が理想的なところ、日本の現状はおそらく5:1ぐらいであろうと予想されています。

オメガ6脂肪酸は血液を凝固させる役目があり、オメガ3脂肪酸は逆に血液をさらさらにする役目があります。ですから、オメガ3脂肪酸を取りすぎるのも、傷口の血液が止まらなくなるなどの症状が出てよくありません。

オメガ3脂肪酸は何に含まれるのでしょうか。アザラシ油は手に入りませんが、日本で手に入るのは、えごま油、アマニ油、魚の油です。

オメガ3脂肪酸の含まれる油は、光と熱に弱く酸化されやすいので、揚げ物や炒め物には使えません。それで、小さじ1杯のえごま油を、いつもの食品にかけて食べるのがよいようです。無味無臭なので、抵抗なく摂取できます。

インターネットでもとりよせできる

えごま油やアマニ油は、スーパーでも買えますが、インターネットでも取り寄せできます。

植物由来の「食べる」オイル【ボタニカルオイルミックス】

えごま油、アマニ油の他、オリーブ油、アボカド油が配合されて、ビタミンEも加わっています。ここでは美容オイルとしての効果が紹介されていますが、オメガ3脂肪酸ですから、中性脂肪抑制効果も期待されるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする